• せんべい通販・お団子通販の武平作|ホーム
  • せんべい通販・お団子通販の武平作|ご利用案内
  • せんべい通販・お団子通販の武平作|特定商取引法
  • せんべい通販・お団子通販の武平作|会社案内
  • せんべい通販・お団子通販の武平作|お問い合わせ 0282-22-0638
 
せんべい通販・お団子通販の武平作 お歳暮のマナー

せんべい通販・お団子通販の武平作  お歳暮のマナー

  • お歳暮の由来
  • お歳暮の時期
  • お歳暮の内容と相場
  • お歳暮の贈る相手
  • お歳暮の注意事項

せんべい通販・お団子通販の武平作 お歳暮のマナー

一般的なお歳暮のマナーをご紹介します。お歳暮を贈るのが初めてという方はまずこちらをご覧ください。

お歳暮の由来

「お歳暮」という日本の伝統的な慣習は、お正月に先祖の霊を迎え、御魂祭りの御供え物や贈り物をした古来の習わしが起源とされています。お正月に本家へ集まり、御供え物を持ち寄ったのが始まりで、その年にお世話になった人へ贈り物をするという慣習に変わり、今に伝わっています。

お歳暮を贈る時期

本来、お歳暮はお正月の準備を始める12月13日から12月20日までに贈るものでしたが、現在では11月末頃から送られる方も多くおられます。また、関東と関西でも違いが見られます。

【東日本】 12月初旬から12月31日まで
【西日本】 12月13日から12月31日まで

大晦日までとされてはいますが、暮れの忙しい時期や仕事納めの時期の兼ね合いがありますので、できれば20日頃までが無難です。

お歳暮の時期を過ぎてしまった!そんな時は?

お歳暮の時期を過ぎた場合は、表書きを「御年賀」と変え、関東は年明けの1月7日の松の内までに、関西は1月15日までに贈ることができます。 さらに遅れてしまった場合は、松の内が過ぎてから立春の間までに「寒中御見舞」または「寒中お伺い(目上の方へ贈る場合)」として贈ります。

お歳暮の相場と内容

一般的な相場は、3,000円〜5,000円

おつきあいの度合や贈り手の年齢によって差がありますが、3,000円から5,000円が一般的です。 いずれにしても、お互いに負担にならない程度にしたいですね。 また、お中元とお歳暮の両方を贈る場合には、お中元のほうが低額になる傾向があります。

日持ちのする食べ物が喜ばれます

お歳暮の内容は、本来お盆のお供え物だったことから食べものが主流になります。 日持ちのするものが喜ばれます。 先方に喜ばれることが大切なので、好みや家族構成などに配慮して選びましょう。 どんなものが喜ばれるのか、アンケート結果や売れ筋商品も参考にしてくださいね。

お歳暮を贈る相手

お歳暮は親しい方やお世話になった方に感謝の気持ちを贈るものです。

【親しい方】
 両親、親戚など

【お世話になった方】
 仲人、恩師、先輩、お得意様、上司、知人などお世話になった方

誰に贈らなくていけないという決まりはありませんから、贈りたいという気持ちを大切にしてはいかがでしょう。 かたちだけの“虚礼”なら必要ないかもしれません。

また、贈り先によっては贈答品の受け取りを禁止するところや、控えたたほうがいい場合もあるので注意しましょう。

お歳暮の注意事項

熨斗と表書きはどうしたらいい?

表書きは「お歳暮」となりますが、前述のように時期によって変わるので注意してください。また、お歳暮と通常の贈り物は性質が違うので、恒例にせず今年1回限りの贈り物なら「御礼」としたほうが良いでしょう。

水引きは紅白の蝶結びを使い、魚や肉などの生ものには、正式にはのし(のし紙の右上につける飾りのこと)をつけません。

お中元とお歳暮、どちらが優先?

お中元(上半期に対する感謝)とお歳暮(下半期に対する感謝)のどちらか一方しか贈らない場合には、1年間の感謝を込めてお歳暮を贈ったほうがいいでしょう。

喪中の場合は控えるべき?

お歳暮はお祝いごとではなく日頃の感謝を伝えるものなので、当方・先方のいずれかが喪中でも差支えはありません。
ただし、四十九日が過ぎていない場合には、時期をずらして「寒中御見舞」「寒中御伺い」にしたり、紅白の水引きを控えたりすると良いでしょう。

配送する時に気をつけることは?

本来は持参するものですが、現代ではお店から送ってもらうことが多くなりました。 ただし、配送する場合送りっぱなしはNG。 親しい間柄なら電話やメールでも構いませんが、品物が届く前に挨拶状を郵送しておくか、品物に挨拶状を同封しましょう。
また、生ものや賞味期限の短いものは、不在期間にあたらないか、事前に確認しておくといいでしょう。

持参する時に気をつけることは?

お歳暮を持参する場合には、訪問前に先方の都合を伺うのがマナーです。
正式には風呂敷で包んで行きますが、紙袋の場合には渡す際に必ず中身を取り出してから渡しましょう。

お歳暮をいただいたら、お返しをするべき?

お歳暮に対するお返しは必ずしも必要ではありません。しかし、きちんとお礼の意を表すのはマナーです。 配送されてきた場合には、すぐにお礼状を送りましょう。 親しい間柄なら電話やメールでも構いません。